それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

安く売りたくない、店頭で衣類で高く売るコツ

f:id:tomo-tk-mk:20190602223338j:plain

こんにちは。ともです。

 

私は去年まで約10年間リサイクルショップで買取、販売をしてきました。

 

売りに行く人で一番気にするのがやはり値段です。

せっかく売りに行くなら少しでも高く売りたいと思うのは普通です。

そこで私が今日は少しでも衣類を高く売るコツをお伝えしていきます。

買取側からの目線も書いていきますのでよろしくお願いします。

 

 

安く売りたくない、衣類を店頭で高く売るコツ

f:id:tomo-tk-mk:20190602223454j:plain

 

衣類は高く売れないと決めつけている人が多いですが決してそんなことはありません。

 

知識がなければやはり足元を見られてしまうので最低限の高く売るコツを知っておくだけで査定額は上がります。

 

下記の内容を知っておくだけでも値段は変わってきます。

 (安いファストファッションや着崩して捨てるような衣類の場合は当てはまらい事もあります

自宅でできる作業

  1. 衣類を綺麗な状態にする
  2. 売り時はワンシーズン前
  3. 初めて来店する店には最低限の恰好で行く

店舗でできる事

  1. 偉そうな態度は取らず丁寧に話す
  2. 高く付けてほしいものは正直に伝える
  3. 値段を聞かれても言わない
  4. ノーブランドはブランド品と一緒に

 

細かいことを書けばまだまだあるのですがこれを知っておけばという最低限大切なことを書きました。

 

まずは自宅で出来て高く売れる可能性が上がる簡単な作業を紹介します。

 

  • 何年も着ていない服は虫食いがないか確認をしてから洗濯をする。
  • 汚れやシミが点いている服は出来るだけ落としてから。(特にシャツなどの襟周り袖口)
  • 服の毛玉を取ってあげる(これは中々重要です
  • しわくちゃのままよりきれいに畳む

 

衣類の状態をきれいにすることは当然と思われますがあまりしてこない方も多いです。

断然綺麗な状態の方が高く買取してくれます。

 

一番高く売れる時期はワンシーズン前

 

売りに行く前になんでもかんでも持って行くのではなく売り時の物だけを持っていくようにしてください。(夏に冬物を持って行っても安く叩かれます)

 

売り時の物とは例えば冬物を売りに行きたいというのであれば秋に売りに行くことが一番高い金額を付けてくれます。(私は付けておりました。)

 

売りに行くときの恰好(ファッション)は大切

第一印象はとても大切です。

あなたがお店側でヨレヨレの服にボロボロの靴の人と綺麗でオシャレに気を使っている格好の人ではどちらに期待がもてますか?

 

間違いなく後者ですよね。

 

なので初めて行くお店では必ずファッションには気を使って綺麗な格好で行くようにして下さい。

 

言い方悪いですが、お店側から舐められると買い叩かれてしまうのでそれを防ぐ方法にもなります。

 

次は実際にお店に行ったときにする事

定員さんには偉そうな態度が一番嫌われます。

 

実際に私も初めから上から目線でものを言ってくる人は嫌でしたし、そんな人には高くつけてあげようなどと思うはずもないですよね。

 

自分は良いものをもっているからとかお金持ちだからとかいろんな理由で偉そうな態度で来る人はたくさんいましたが、むしろ逆効果ですので高く売りたければそういった態度はとらないようにしてください。

 

購入した時高かったものや高く買取してほしい物は正直に伝える

f:id:tomo-tk-mk:20190531233524j:plain

これは必ず伝えるようにしてください。

 

伝えることでスタッフさんにも『あっこれは値段別で付けてあげようかな』という気持ちになります。

実際にあまりお値段がつかなかったにしてもきちんと説明をしてくれるはずです。(してくれないとこもありますの)

 

私自身もそうでしたが、喜んで帰ってもらえる事はスタッフからしてもうれしい事なので思っている事は伝えて下さい。

 

伝えるときも丁寧な言葉で伝えてあげる方がいいです。

 

査定の金額より先に希望価格は言わない

例えば

『これいくらなら売ってもらえます?』

『希望価格はありますか?』

こういったセリフをスタッフから言われた時は注意してください。

 

どういう時かというと、

 

1万円くらいの金額はついているが、もしかしたらお客様の希望はもっと安いかもしれない。

希望が5,000円なら半額も安く仕入れることができる。

だから先に希望を聞いてみよう。

とこんな感じでスタッフはいつでも安く仕入れることを考えているので、言葉に騙されないように冷静に『先に金額の提示をお願いします』と言って下さい。

 

その一言でこの人慣れているなと思い優位に立つことができて、金額も高くなることは多いです。

 

ノーブランドとブランド品は一緒に

正直な話ノーブランドってほとんどお値段がつかないです。

 

というより値段の付けようがないのでお持ち帰りになるかまとめて数十円とか数百円しかつきません。

 

なので単品で値段が付きそうなブランドの服と一緒にもっていくことで、少し高く売ることができます。

 

例えば、、

 

ノーブランドは30点でまとめて100円ですが、こちらのブランドは一点で3,000円です。

 

こういった場合にじゃブランドの1点は辞めて30点100円だけ売りますと伝えるとたいていの場合は『では全部で3,500円でどうですか?』と値段を上げてくれます。

 

ですのであまりお値段つかないだろうなと思う物はブランドと一緒にもっていくことで少し高く売れる可能性もあります。

 

このように少しの事で高く売れるコツはたくさんあります。

 

お店側の目線

お店側は基本的にはどうやったら安く仕入れて高く売るかを考えてます。

その中でお客様が何も知らずにいると安く買い叩かれるのが落ちです。

 

 

これから売りに行く人は是非実践してみて下さい。

 

 

それでは。