それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

アトピー 夏場に悪化しない為の対策 汗をかくことは悪くない

f:id:tomo-tk-mk:20190601175115j:plain

こんにちは。ともです。

 

アトピーの方は夏に汗をかいて痒くなり掻いて悪化してしまうパターンと冬に乾燥して掻いて悪化するパターンなど様々な理由で悪化してしまいます。

 

夏場に汗をかいてアトピーが悪化してしまいます。

汗をかかずに涼しいところにずっといた方がいいのでしょうか?

海やプールで冷たい水に浸かって過ごすといいですか?

 

本記事ではこのような疑問に答えていきたいと思います。

  

  • アトピー 夏場に悪化しない為の対策 汗をかくことは悪くない

  • 汗をかいた後の対策

  • 夏に海はいいけどプールは危険な理由

 

 アトピー 夏場に悪化しない為の対策 汗をかくことは悪くない

f:id:tomo-tk-mk:20190601180227j:plain

夏は汗をかきたくないからとクーラーのついた室内で過ごすより、外に出て運動をして積極的に汗をかく。

 

 

www.tomotkblog.com

  

汗をかいた後はできるだけ早めに汗を流す、拭き取ってあげる。

 

夏の強い紫外線に気を付けて、長袖や薄手の羽織り物、日焼け止めを活用する。

 

積極的に海へ行こう。

 

それぞれの理由を説明していきます。

運動をして汗をかく理由 

アトピーの人は元々汗のかきにくい体質になっておりますので通常の人に比べ汗の量が少ないです。

それによって肌の表面の油が少なくなり痒みの原因になります。

その中で汗をかきたくない、暑いからと外へ出ずにクーラーの効いた室内にいると本来汗をかくことで働く機能が低下され、なおかつクーラーの部屋に居ることで肌が乾燥して悪化の原因にもなります。

 

汗をかくことで肌の質を保つことができるので、汗で痒くなるのが嫌で運動しないというのはよくありません。

 

肌の表面の油を保てれば、汗への免疫もついてきて、汗でしみて痒みが出てくることもなくなってきます。

汗をかきたくないのではなく汗をかいて体の中から毒素を出してあげましょう。

運動をしてあげることで睡眠もとれて睡眠不足も解消することができますし、ストレスも軽減するのでいいことが多いです。

 

汗はなるべく早く拭く

運動して汗を流すことはいいことなのですが、汗を流してそのままにしておくとアトピーが悪化して痒みが増す原因になってしまいます。

ですので汗をかいた際はなるべく早くシャワーで流してあげるかシャワーがすぐにできない場合はウェットティッシュや濡れたタオルで拭いて下さい。 

注意

乾いたタオルだと汗で敏感になっている肌を傷つけて余計に痒くなってしまう場合もあるので気を付けて下さい。

また濡らす際に水道水だと塩素が入っていてそれに反応してしまう事も十分に考えれるのでミネラルウォーターを持参しておくと便利です。

 

紫外線にはくれぐれも気を付ける

 夏の日差しは非常に強く、肌も露出しているので直接紫外線が肌に当たります。

通常の人は日焼けをしたら黒くなりますが、アトピーの人は赤くなりそのままアトピーが悪化してしまうことが多々あります。

特にアトピーの方は肌のバリア機能が普通の人より弱いので真夏の紫外線対策はしっかりする必要があります。

 

紫外線の対策方法 

 

  1. 長袖やパーカーなど羽織り物を着て外出する

  2. 日焼け止めクリームを塗る

  3. つばが広い帽子を被る

 

夏場に長袖は暑いですが紫外線を守る上では必須かと思います。

私は腕を見られたくないという理由から長袖、七分袖をずっと着ておりました。

 

長袖はどうして着たくないという方は日焼け止めクリームを塗って下さい。

しかし日焼け止めクリームは美肌効果のある肌を白く見せる刺激物質や紫外線吸収剤が入っているものなどアトピーが悪化する原因になりかねないのでそういった商品は避けて無添加の物など自分の肌に合った物をお使いください。

 

吸収剤を塗る=肌に負担をかけているということなのでできれば何も塗らずに対策をしてあげる事が一番肌の為になります。

 

最後にキャップやつばが広い帽子はアトピー、日焼けが気になる夏には必須アイテムです。

 

顔に直接紫外線があたり赤くなるとヒリヒリしてきます。

それが痒みに変わって掻いて菌が入り悪化するのもよくあることなので帽子はできる限り被って出かけましょう。

 

海は良いけどプールはNGな理由

夏におすすめな場所はと聞かれると間違いなく海と答えます。(アトピーの人の場合)

なぜなら海水はアトピーに良く効くと実際に体験しているからです。

 

掻いて傷口が荒れているところは初めはしみますが入っていると慣れてきます。

薬を塗っている時より傷口が治るスピードも速く海水はおすすめの一つです。

 

しかしあまりにも汚い海に入られるのは菌が多くて悪化してしまう恐れがあるのでそこは気を付けて選んで下さい。

 

夏にプールも定番ですが、、、控えて下さい。

理由は言わなくてもわかると思いますが塩素です。

 

プールには刺激の強い塩素が含まれていてアトピー肌には良くないです。

 

必ずしもダメという訳ではないですがもしプールに入られるさいはプール後にシャワーでしっかり塩素を落として上がって下さい。

 

汗が良い理由

アトピーは汗が出にくい中で汗をかきやすくなることでデトックス効果もあり体内の老廃物や余計な物を出してくれます。

新陳代謝も上がり肌の免疫も強くなりますしストレスの解消にもつながります。

 

 

www.tomotkblog.com

 

紫外線から守るための長袖が良い理由

長袖を着ているとアトピー肌を隠すこともできて、紫外線からも守ってくれるので一石二鳥なのです。

直接爪を立てて掻くことも防げます。

 

それでも痒いから汗をかきたくない

f:id:tomo-tk-mk:20190601223518j:plain

アトピーだから汗をかいたら痒くなるから汗はかきたくないという意見もあるけど、汗をかく事によって体内の老廃物を出して、新陳代謝もあがって肌の免疫も強くなり汗をかいてもしみたり痒くなることもなくなるので出来れば少し運動をして汗をかけるようになって欲しいです。

 

汗をかくことは悪くない

アトピーの人で夏が嫌いという人はたいてい汗で痒くなるからという人がほとんどです。

 

肌のバリア機能が弱っていることで汗がしみたりして痒みに繋がってますので日ごろから汗をかいてあげる事で肌の免疫が強くなり、痒みを減ってきます。

 

クーラーの部屋にいては治るものも治らず免疫がどんどん下がっていくばかりなので汗を怖がらずしっかり良い汗をかいて夏を乗り越えましょう。

 

それでは。