それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

春夏ファッション アトピーでもオシャレに着れるおすすめの服とその理由

f:id:tomo-tk-mk:20190531113920j:plain


こんにちは。ともです。

 

気温も上がってきて服装も変わってくる時期ですが私は夏場がとにかく嫌いでした。(今でも暑いのは嫌いですが)

 

アトピーの方はなるべく肌を隠したり、見えないような服装を選びがちになります。

 

アトピーの人はどんな素材の服を選んだらアトピーに影響が少なく着れるのか?

少しでもオシャレをしたいけどアトピーのことを考えるとオシャレできない。

 

この記事ではこのような疑問についてお答えしていきます。

 

  • 春夏の服装 アトピーでもオシャレに着れるおすすめの服とその理由

  • どんな素材の服を選んだらよいのか

  • 服のサイズ感も大切な一つ

 

春夏の服装 アトピーでもオシャレに着れるおすすめの服とその理由

f:id:tomo-tk-mk:20190531115230j:plain

 

  1. 首周りは綿素材かシルク100%のストールを使う
  2. ハイネックTシャツ、七分袖Tシャツ、シャツ
  3. ズボンはコットンスラックス、クロップドパンツ
  4. ロングスカートやミモレ丈のボトムス
  5. 時計は革バンドの方がいい
  6. アクセサリーは金属アレルギーでなければ付けても🆗
  7. メガネ、サングラス(花粉、大気汚染が気になる方)
  8. 帽子は通気性の良い物が好ましい
  9. 下着は綿100%(ゴムの強いのは痒くなるかも)

 

ストールのメリット

ストールは首のアトピーを隠すのに最適なアイテム。

素材さえ間違わなければ首のアトピーが隠れて、なおかつおしゃれアイテムの1つ。

 

デメリット

真夏のストールは暑い。

逆に蒸れて痒くなる原因になる。(特にシルクは通気性が良くないので注意)

 

ハイネックTシャツのメリット

ストールは暑くて巻きたくないという方には首のアトピーを隠せる首まであるハイネックのTシャツがおすすめ。

 

デメリット

こちらも首まであるのでやはり真夏には少し暑い。

そして首に汗をかいてくると痒くなる

 

七分袖Tシャツメリット

 肘裏のアトピーを隠せて着れるTシャツ。

種類も豊富で春秋でも一枚で着て過ごせる。

 

デメリット

こちらも七分袖なので真夏には少し暑く感じるかも(私は良く着用しておりました)

腕が太い人は袖がパツパツになる。

 

おすすめシャツ

トップスはTシャツ系は嫌という方はシャツを着ると襟もあるので首回りも少し隠れます。

半袖も着れないという方は長袖のシャツを着てもいいと思います。

 

ズボンのメリット

膝裏のアトピーを隠せる。

 

デメリット

長ズボンになると暑い。

ジーンズはこすれたりして痒くなることがある。

 

スカートメリット

丈の長さもいろいろありますし、柄やプリーツなど様々なデザイン性があるのでオシャレに使える。

 

デメリット

インナーのペチコートが夏だと少し暑く感じるかも。

 

時計

時計に関しては金属製だと荒れる方が多くみられるので、本革のベルトの時計が良い。

最近ではゴム製のもあるがゴムで荒れる人も多くあまりおすすめはしない。

 

アクセサリー

メッキ類や合成の皮を使っている安価なネックレスはあまり良くない素材を使われていることが多く痒みの原因となります。

 

ピアス、指輪、ネックレスいずれも本物の金やプラチナを使われている方が肌には良いですが、絶対痒くならないわけではなく汗をかくと少し痒みが出てくる場合があるのでどうしても付けたいという方は汗の処理をしながらつけて下さい。

 

ネックレスはチョーカーみたいにピッタリとした物ですと悪化する事があるので、余裕があるくらいの長さがいいかと思います。

 

注意

アクセサリーはずっと付けているのではなく、汗などこまめに拭いてあげたり、洗浄機で洗浄して綺麗に保管してください。

 

メガネ、サングラス

メガネやサングラスは私は目の周りが赤くなっていてそれを隠すのに使用したり、花粉の時期に直接花粉や黄沙がつかないようにつけてましたが、オシャレのアイテムとしてもおススメです。

 

帽子、ハット

頭皮が荒れている、ジュクジュクしたり汁が出ている方でどうしても帽子を被りたいという方は通気性の良い、麦わら帽子やメッシュ系の帽子が良い。

どうしても頭は蒸れてしまうので気を付けましょう。

 

下着

下着は綿100%の物を選びましょう。

ボクサーパンツが良いという方は腰回りのゴムの素材も綿になっているかしっかり確かめて購入しましょう。

たまにゴム部分だけポリエステルなど化学繊維が使われていることがあり、荒れることがありますのでご注意を。

 

どんな素材の服を選んだらよいのか

f:id:tomo-tk-mk:20190531233524j:plain

 

基本的には綿100%素材が好ましいと思います。

しかし綿100%素材でも素材感が違う物もたくさんあり、少し厚手の生地感やごわごわした感じの素材感などいろいろあるので自分の肌に合う綿素材を選んで下さい。

 

シルク素材は肌触りもいいのでおススメですが中にはシルクの素材が合わないという方もおられますので確認して購入してください。

 

シャツに関してはシアサッカー素材が夏向けで涼しくておすすめの素材です。(シア”には薄い、透き通るといった意味があります

 

麻素材の服は賛否両論で私は肌に合いましたが、麻の素材は少しチクチクしているので合わない人は辞めた方が無難です。

 

服のサイズ感も大切な一つ

f:id:tomo-tk-mk:20190531234247j:plain

 

服を選ぶ上でサイズ感もアトピーの人には大切になってきます。

 

身体にフィットする、もしくは小さめのサイズがお好きな方いますよね。

私もそうでしたが汗が蒸れて脇下や腰回りが痒くなります。

 

特にパンツのスキニータイプ(ピチピチのタイプ)は本当におすすめしません。

膝裏が痒くなるけどピチピチだから掻けないという最悪の感じになるのでやめておいた方が無難です。

 

できればゆったりとしたサイズ感かもしくは通常のサイズを選んで買われるのが良いです。

 

 

いかがでしたか?

 

アトピーだからと言ってオシャレを諦めてはいませんか?

 

アトピーの人でもオシャレに着れる服はたくさんあり、みんなと同じようにオシャレをして出かけることもできます。

 

自分でオシャレできないと決めつけず一歩踏み出してみましょう。

 

それでは。