それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

なぜアトピー性皮膚炎はお酒を飲むと痒くなるの?お酒の正しい飲み方

f:id:tomo-tk-mk:20190528095327j:plain

 

こんにちは。ともです。

 

皆さんお酒は飲まれますか?

 

仕事終わり、運動の後のお酒は最高に美味いですよね。

 

アトピーの方でお酒を飲んでいる時に痒くなってしまう。

肌が乾燥してきて、アトピーの症状が出ているところが赤くなる。

アトピーの人はお酒は飲まない方がいいの?

 

この記事ではこん疑問について答えていきます。

  

  • なぜアトピー性皮膚炎はお酒を飲むと痒くなるの?

  • お酒を飲むと症状が悪化してしまう

  • ストレス解消にお酒はよくないの?

 

アトピーの人でもお酒を飲む人はたくさんいます。

飲むべきとはいいませんが、お酒が好きなら全然飲んでいいと思います。

酒は百薬の長』とも言われてますし楽しく飲む分にはいいのではないでしょうか。

100%お酒が原因でアトピーが悪化するという方は辞められた方がいいです。

 

なぜアトピー性皮膚炎はお酒を飲むと痒くなるの?

f:id:tomo-tk-mk:20190528103740j:plain

 

アルコールには血流促進があり、お酒を飲むことで血行の流れが良くなる作用があり体温が上がっていきます。

 

体温が上がると身体が痒くなってきます。

気温が上がって、暑くなると痒くなりますよね。

 

アトピーの人でお酒を飲んで痒くなるのは血行が良くなって体温が上がるため痒さが増すからです。

 

お酒を飲んでいるとよくトイレに行きたくなりませんか?

 

なりますよね。

 

そうです、お酒には利尿作用があるのでトイレが近くなります。

 

利尿作用によって肌がカサカサと乾燥してきてアトピーの方は余計に痒くなってきます。

 

お酒を飲むと症状が悪化してしまう

 

お酒を飲んだ次の日からアトピーの症状が悪化しているという経験はありませんか?

 

私もよくお酒を飲んだ次の日に掻き傷が増えていたり、症状が悪化していることは多々ありました。

 

お酒を飲むと痒くなるのは先ほど説明しましたね。

 

ではなぜ症状が悪化してしまうかというと、お酒を飲んで酔ってくると身体が麻痺してきます。

 

自分で痒くて掻いていることすら自覚もないので無意識にどんどん掻いて傷が増えて悪化していきます。

 

深酒をした日の夜に布団に入ってから体温があがり痒くて掻きむしってしまう。

 

皮膚がえぐれるほど掻いて痛いはずなのに、本人は酔って麻痺しているから傷が深くなるほど掻いてもお酒が抜けるまで気づきません。

 

それで次の日悪化してしまう。

 

こういった悪循環になってしまいます。

 

ストレス解消にお酒はよくないの?

 

f:id:tomo-tk-mk:20190528111638j:plain

 

これまでの記事でもアトピーはストレスと関係性が強いと説明してきました。

ストレスとアトピーの記事はこちらをどうぞ。

 

www.tomotkblog.com

 

アトピーの方にとってストレスは肌の症状を悪化させてしまう大きな要因となります。

 

食べたい物、飲みたい物すべてを我慢してアトピー完治の治療に取り組むのは本当に辛くしんどい治療生活になります。

 

その我慢が逆にストレスになり、アトピーが悪化してしまえばせっかくの辛い治療が逆効果になります。

 

その為に治療を頑張っている自分へのたまにのご褒美として好きな物を食べたり、お酒を飲んだりすることは私は全然いいと思います。

 

しかし飲みすぎはダメです。

 

深酒や神経が麻痺するまで飲んだり、毎日晩酌をしたりするのは辞めた方がいいです。

 

私もお酒が原因でアトピーが悪化したので、お酒の怖さはよく知っております。

 

飲んでいる時は楽しく飲んでいるのですが、次の日の朝、自分の顔や体を見てみると悲惨なことになってます。

 

お酒が飲む機会が増えてくるとどうしても夜更かしをしてしまって不規則な生活にしてしまい、そこからもアトピーが悪化に繋がります。

 

ですので、アトピー性皮膚炎の方でお酒を飲みたい方は適量を心がけて下さい。

 

ビールの一気飲みなど問題外です。

 

人により適量も変わりますが、少し食べたりない、飲み足りないくらいがちょうどいいかと思います。

 

みんなとお酒の場でわいわい盛り上がるだけでも十分ストレス発散になっていると思います。

 

盛り上がりすぎてお酒の量が進むのはわかりますが、チェイサー(天然水)を飲みながら正しくお酒を飲んでください。

 

そうすれば、アトピーも悪化せずストレスも解消して美味しく楽しくお酒を飲んで頂けます。

 

アトピー性皮膚炎の方でも正しいお酒の飲み方をすれば我慢せずお酒を飲んでもいいと

私は思ってます。

 

たまにのご褒美がないと毎日が辛いだけになってしまいます。

 

アトピーが酷くならない飲み方を理解して今後お酒と付き合って下さい。

 

それでは。