それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

アトピー 性皮膚炎 悪化する原因 大気汚染 花粉 黄沙 PM2.5 悪化しない為に心がける9つの対策

こんにちは、ともです。

 

毎年花粉症が酷く2月~5月のこの時期が本当に嫌いです。

一年中なにかしらの花粉が飛んでいますね。

 

そして花粉と同じように飛んでいるのが黄沙とPM2.5です。

 

アトピーがこの時期だけ酷くなるという方はおそらく大気汚染が少なからず影響しているでしょう。

 

黄沙とは簡単に言うと砂漠域や黄土地帯の砂が強い強風によって飛んでくる現象のことです。

ここ数年では中国からの発生が増えているみたいです。

 

PM2.5とは粒子が小さい大気汚染物質です。

 

簡単な詳細ですみません。笑

 

さて、今回の記事では

 

  • 何故、春の時期だけアトピーが酷くなるの?

  • アトピーが酷くなる原因は大気汚染も関係ある?

  • アトピーに花粉や黄沙やPM2.5は悪化する原因になる

  • アトピーや肌荒れが悪化しない為に心がける9つの対策

  1. 外出時は必ずマスク、メガネを着用
  2. 帰宅時には手洗いうがい
  3. 室内に洗濯物を干す
  4. 窓はできるだけ開けない
  5. 空気洗浄機を使用する
  6. 細かい掃除をする
  7. 食生活を見直す
  8. 保湿をしっかりする
  9. 睡眠をしっかりとる

 

を書いていきます。

 

アトピーの方だけでなく大気汚染に苦しめられて、辛い思いをされている方はたくさんいることでしょう。

 

私もその中の一人です。

 

アトピーが完治してから12年くらい経ちましたが、その中で花粉症の時期に2回だけアトピーの症状が出たことがあります。

 

私と同じように花粉症の時期にだけアトピーの症状が出る。

という方もいると思いますので、少しでも参考にしていただければと思います。

 

2月~アトピーの症状が出始めて

 

5月、6月くらいに症状が治まるという方は少なからず花粉などの大気汚染が影響していると思います。

 

私の場合初めは花粉症で目の周りがかゆく、くしゃみが出るくらいにしか思っていなかったのですが、日に日に手の周りが真っ赤になり、手の甲や指にも湿疹などの症状が出てきました。

 

そこで初めてこれはアトピーなのだと思いました。

 

アトピー が顔に出たことが何よりショックでした。

 

何がアトピーが発症した原因なのかわからなかったので、昔アトピーを完治させた方法で食生活や保湿をしっかりするようにしました。

 

しかし、顔のアトピーは赤くなったり、ならなかったりの感じで3ヶ月ほど経ちました。

 

そして、5月半ばくらいにスッーと治りました。

 

おそらくですが、今までなかった黄砂やpm2.5への免疫がなかった為、肌が荒れたり、アトピーの症状が出たのだと私は思ってます。

 

なので、その翌年からその時期は花粉症への対策を強くするようになりました。

 

アトピーの人で花粉症が重なってしまうといつも以上に痒くなったり、露出しているところが赤くなったりと炎症をおこしてしまう傾向があります。

 

それは花粉や黄砂が肌につくことで皮膚が悪化しやすくなり赤みがでたりしてしまいます。

 

それがストレスになりどんどん悪化にも繋がりかねませんので、日々の対策を行ってほしいと思います。

 

私自身しっかり対策はしていますが、花粉症は毎年なります。

 

しかしアトピーはほとんど出ないので、少なからず酷くなる原因を防げているのかなと思っております。

 

アトピーではない人も花粉が原因でアレルギーが出てしまうこともたくさんあるので、ご注意を。

 

アトピー花粉症対策その1

外出時には必ずマスクとサングラスを着用する

 

花粉が目や鼻に直接触れることで花粉症やアトピーなどの肌トラブルになります。

 

すべての花粉を抑えるのは無理ですが、少なからず直接触れることや、体内に入ってくる花粉を減らせます。花粉症はアトピーや喘息をお持ちの方に起こりやすいので絶対にマスクはしてください。

 

アトピー花粉症対策その2

帰宅時には玄関の外で頭や衣類に付いている花粉を落とし、すぐに手洗いうがいをする

 

外出から帰ってきたら、家にすぐ入りたい気持ちはわかりますが、その前に全身の花粉を落として入りましょう。(カバンに小さいブラシなんかをいれておくと便利です)

 

そしてこれは花粉だけでなく、風邪の予防にもいいので、手洗いうがいをきっちりしてください。可能であれば洗顔もしてあげるといいですね。

 

アトピー花粉症対策その3

洗濯物は室内に干す

 

外に干してしまうと花粉や黄砂などが付いてしまいますので、出来るだけ室内で干してください。

 

室内で干した時のニオイが気になるとかどうしても嫌で外に干したいという方は取り入れた時にしっかり花粉を振り払ってあげてください。

 

特に布団を干された時は入念に。寝てる時にアトピー悪化の原因にも繋がります。

 

アトピー花粉症対策その4

窓は出来るだけ開放しない。

 

室内の換気の為に空気の入れ替えはとても大事ですが、窓を開ける時間帯を考えて換気してあげましょう。

 

全く換気しないのは、風邪の原因にもなるので、2回は換気しましょう。

 

アトピー花粉症対策その5

空気清浄機を使用する

 

帰宅前に花粉を落としたり、時間帯を考えて窓を開けても完全に室内に花粉を持ち込まないのは不可能です。

 

そこで活躍してくれるのが空気清浄機です。

 

目に見えない花粉やpm2.5の粒子吸い込んでくれるので室内に最低一台はあったほうがいいです。

 

※空気清浄機の内部の掃除やメンテナンスを週1回はしてあげてください。

 

アトピー 花粉症対策その6

細かい掃除をする

 

空気清浄機が全てを吸い込んでくれるわけではないので、室内の掃除を細めにしてあげましょう。

 

ソファの隙間やカーペットなどは入念に。

 

フローリングはクイックルワイパーなどを使って掃除してあげるといいと思います。

 

アトピー花粉症対策その7

食生活を見直す

 

やはり添加物やジャンクフードは控えた方がいいですね。

 

揚げ物や油物も控えましょう。

 

それと甘いものや粉物もアレルギーに反応しやすいので、控えてほしいですね。

 

ちなみに私は鯖などの青魚をよく食べてました。

 

正直これを食べて劇的にアトピーや花粉症などがよくなるって言うのはないですが、和らげる事は出来ると思います。

 

偏った食生活をしていると良くなるものもなりません。

 

アトピーの人の食事改善の記事を以前書いたので宜しければ読んでみて下さい。

 

www.tomotkblog.com

 

アトピー 花粉症対策その8

保湿をしっかりしよう

 

花粉の時期になると乾燥したり敏感肌になったりします。

 

花粉皮膚炎と呼びますが、肌のバリア機能が弱まって外からの花粉などの刺激を受けやすくなってしまいます。

 

その刺激でかゆくなり、擦ったり、掻いたりしてしまい肌がどんどん炎症して悪化していきます。

 

それを防ぐ為にも普段の保湿をしっかりしましょう。

 

その際適当な化粧水や保湿クリームを使うのではなく、アトピーの方や肌に炎症を起こしているのであれば無添加なものをお使い下さい。

 

特にお風呂上がりは5分以内にしてあげるといいです。

 

顔への化粧水はコットンなどに染み込ませて顔に使ってあげるといいと思います。

 

 

アトピー 花粉症対策その9

睡眠をしっかりとる

 

最後は健康にもとても大事な睡眠です。

 

これはアトピーや花粉症に限らず睡眠をしっかりとってあげることはとても大事なことなので、肌のゴールデンタイムと言われる22時〜2時に眠りについて下さい。

 

日中の肌のダメージをしっかり休めてあげてください。

 

睡眠不足だと体内の免疫機能も下がり、体調不良の原因やアレルギーの発生を高くしてしまいます。

 

ストレスの原因にもなりますので、夜は夜更かしをせずにしっかり休んで規則正しい生活を送って下さい。 

 

 

アトピーや花粉症の対策は以上となります。

 

アトピーで花粉症の方は本当に辛い時期だと思いますが、日々の対策をすれば少なからず症状は和らぎ回復していきます。

 

これを読んでいるあなただけでなくたくさんの方が同じ思いをしているので、一人で抱え込まず少しずつアトピー完治に繋げてほしいと思います。

 

長くなりましたが、是非参考にして下さい。

 

それでは。