それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎が治らなくてお困りの方必見 温泉に驚くべき効果 Part 2

こんにちは。ともです。

 

熱は下がったのですが喉が痛く、自分の声ではない声が出ます。

 

早く治して身体を動かしたいです。

 

さて今回は前記事の続きで私がアトピーで効果が感じられた温泉を紹介していきたいと思います。

 

ほんと温泉って最高の至福の時だと思います。

 

アトピーだけではなく様々な健康に良いので、是非温泉を好きになっていただきたいですね。

 

前回の記事もよかったらお読みください。

 

岡山県の隠れた名湯を知れますよ!!

 

 

www.tomotkblog.com

 

 今回私が効果があった温泉は

 

★有馬温泉 金泉 (兵庫県)

 

言わずと知れた日本三名泉の一つです。

 

皆さんご存知の日本でも有名な有馬温泉です。

 

f:id:tomo-tk-mk:20190521232636j:plain

 

有馬温泉には金の湯と銀の湯があります。

 

今回は金の湯について書いていきます。

 

基本情報

 

入浴料

大人(中学生以上) 650円
小人(小学生) 340円
幼児 無料

 

営業時間

午前8時~午後10時

 

定休日

第2・第4火曜日
ただし、祝日の場合は翌日休み
1月1日休み

 

f:id:tomo-tk-mk:20190516135154j:plain

 

金の湯の成分

〔浴用〕金泉
(含鉄-ナトリウム-塩化物強塩高温泉) 
(無色、透明(ただし、湧出直後に茶褐色に濁る)、無臭、強い塩味、苦味、金気を有する)


金泉は色が赤銅色が特徴です。

白いタオルなど使われますと色が変わりますので注意してください。

 

浴場に入ってすぐに金泉特有の鉄のようなニオイがします。

 

浴槽は3つあり、金泉のあつ湯とぬい湯があり、もう一つ普通のお湯があります。

 

せっかくなので金泉に入りましょう。

 

あつ湯は結構熱いので長くは入っておれませんので、アトピーの方はぬる湯に入った方がいいです。(ぬる湯も42℃あるので少し熱めになっておりますので、数回に分けて入るのがいいと思います)

 

塩分の濃度が海水の2倍くらいあるので、少ししみるかもしれませんが私自身はしみることはありませんでした。(少し舐めてみるととても酸っぱいです)

 

上がる前にシャワーで流す人がいますがせっかくの源泉を流してしまうので、そのまま上がられた方がいいと思います。(人それぞれなので気になる方は流してください)

 

私は塩浴でアトピーが酷かった引っ掻き傷や赤くなった肌が良くなったので、もしかしたら有馬温泉の金泉も効果があるのではと思い通ってみました。

 

思った通り塩分で肌もスベスベになり、入浴後痒くなることもありませんでした。

 

温泉は保湿効果も高く、それで痒くならないのかなと思ってます。

 

金泉は金の湯に入らなくても他にもたくさん入浴するところはございますのでお好きな浴場へ行ってください。

 

外には無料で入れる足湯もあります。

 

タオルをもっておけばいつでも入れますし、血の巡りもよくなり、とても気持ちいいので是非足湯も入って帰ってください。

 

※温泉治療はすべての人に効果があるものではありません。

 

全国には他にもたくさんのアトピーに効く温泉はあると思うので、一人一人自分にあった温泉が見つかってアトピーの回復に向かっていってもらえれば嬉しいです。

 

温泉の効果は温泉だけではなく温泉に行くことでリラックス効果やストレス解消などもアトピー回復の効果につながっていると思います。

 

それでは。