それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎 治療に大事な病院、皮膚科選び

こんにちは。ともです。

 

最近車の事故が多く、目をつむりたくなるようなニュースが続いてますね。

 

車に乗られる方は事故してからでは遅いのでしっかり自覚を持って運転してください。

 

今回の記事ではアトピーの方やアトピーのお子さんを持つ親御さんのこんなお悩みについて聞いていきます。

 

こんなお悩みお持ちではないですか?

 

  • アトピーは病院に行けば完治する?

  • そもそも病院には行くべきなのか?

  • 病院、皮膚科はどのように選べばいいのか?

  • 子供がアトピーなんだけどどうしたら?

 

とこんな感じです。

 

良く聞かれてきたことですので、私の経験をもとに意見を書いていきます。

 

まず

 

Aさん「アトピーは病院に行けば完治する?

 

わたし「いいえ。完治は難しいと思います。」

 

これが率直な意見です。

 

なぜか。

 

病院とは患者さんの症状を見て、基本的にステロイド剤やヒルドイドなどの保湿クリームなどを処方してくれるところだと私は思ってます。

 

それでいいんじゃないの?

 

と思われる方もいると思いますが、根本的に治すことには繋がりません。

 

完治をさせる為ではなく、症状や炎症を抑える為の薬です。

 

私の経験では、下記のような行動に陥ってしまいました。

 

 病院に行って薬をもらい塗る

       ↓

    症状が良くなる

       ↓

   薬を塗るのを辞める

       ↓

   また痒くなり薬を塗る

       ↓

 アトピーが悪化してまた病院にいく

 

というような悪循環なスタイルになってしまいました。

 

Aさん「では、ずっと薬を塗り続ければいいんじゃないですか?

 

わたし「そういう方がいるのは確かです。私の場合は塗り続けていると少しずつ強い薬に替えていき、効き目が弱くなってきました」

 

私は弱いステロイドから始め、なかなか効き目がなく、少しずつ強いステロイドに変更していき結果的に先ほどの負のループでステロイドが辞められないようになりました。

これはステロイドが悪いと言うことではなくステロイド剤だけに頼ってしまい、他に原因があるのに何もしなかった自業自得の結果だと思ってます。

 

Aさん「では病院に行くべきではないの?

 

わたし「いいえ。病院に行きながらアトピーを完治させていく取り組みをしてほしい」

 

これは先ほどの話の続きにはなるのですが、ステロイドは大変優れた薬の一つです。

 

人前に出るのに炎症を抑えたい、赤みを取りたいと思われる方多いはずです。

 

私もそうでした。

 

そのためにステロイドは最適な薬の一つだと思います。

 

炎症が出ていても気にしない、どうでもいいという方はあまりいないと思います。

 

なので病院で診てもらい薬を処方してもらい、薬を塗って炎症を抑えながら、アトピーによくない食生活や生活主観などを見直していき少しずつ薬を手放していけばいいと思います。

 

以前にアトピーの原因や完治に向けての記事を書いてますので是非読んで下さい。

 

 

www.tomotkblog.com

www.tomotkblog.com

 

 

 Aさん「では、どんな皮膚科を選べば良いの?

 

わたし「症状だけを見て薬を処方して終わり。というような病院ではなく、普段の生活習慣やいつからアトピーなのかなど詳しく聞いてくれて、それに対して(例)ではこれはあまり良くないから食べるのやめようとか使うのを辞めよう、その為に炎症を抑える為に薬をだしておきますね。

といった感じの先生がいる病院は通う価値があると思います」

 

私は何度も経験してきました。

 

アトピーの方って数えきれないほど病院に行かれてると思うんです。

 

あそこの病院がいいなど口コミやネットで情報を得ると「これで私も治るかも」と期待を寄せて遠くでも両親が足を運んでくれました。

 

しかし私が通った病院の9割以上が「症状だけを見て薬を処方して終わり」という病院でした。

 

もう病院に行くのは諦めようと思うほど、同じ対応の先生が多かったです。

 

私は通いたくなる先生に出会うことはなく、それならと思い自分で調べて完治することを心に決めました。

 

なので無駄に病院に通うのではなく、通う価値のある先生なのかをしっかり判断していただきたいと思います。(薬はどこの病院でも一緒ですので)

 

最後に

 

Aさん「子供がアトピーなんだけどどうしたら?

 

わたし「赤ちゃんに近いほど、薬は使わずに内側から改善してほしい」

 

これは親御さんに是非知っていただきたいですが、アトピーの子供は親の取り組み次第で将来が決まると思います。

 

親が小さい頃からアトピーとしっかり向き合ってあげれば大きくなった時に本人が大変な思いをすることは少なくなると思います。

 

わたしの記事だけではなく他にもアトピーで困っている方の記事等を参考にしていただき、是非小さいお子さんのアトピーの力にしてほしいです。

 

仕事が忙しいから、料理するのが面倒、時間がないなどの理由でコンビニ弁当、ファーストフードなどを食べさせていたら必ずひどくなるので注意してください。

 

まとめ

  • 病院に通い薬を塗るだけでは完治はしないので、薬を塗りつつ炎症を抑えながら内側から改善させるために食生活や生活主観を見直す
  • ステロイドは使い方を間違えず、うまく使用すれば効果的な薬である
  • 無駄に病院に通うのではなく、通う価値のある先生なのかをしっかり判断する
  • アトピーの子供は親の取り組み次第で将来が決まる 

 

以上になります。

 

それでは!!