それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

2020年 東京オリンピック チケット抽選 申込み方法を詳しく説明

こんにちは。ともです。

 

昨日5/9ついに皆さんのお待ちかね2020年東京オリンピックのチケット抽選販売が始まりました。

 

さっそくチケットの申し込みの方法を調べてみましたのでご参考にして下さい。

 

今回の抽選のスケジュールを簡単に確認してみましょう。

 

  • 抽選申込期間:2019年5月9日(木)10:00~5月28日(火)23:59
  • 抽選結果発表:2019年6月20日(木) 予定
  • 購入手続期間:2019年6月20日(木)~7月2日(火)予定
  • 先着順公式販売:2019年秋頃~の予定
  • 公式転売期間:2020年春先以降の予定

 

こんな感じです。

 

ヤバい!!「早く申し込みしないと」

 

とお考えの人、大丈夫です。

 

今回の抽選は先着順ではなく平等性な抽選で、期間内に申し込みすれば大丈夫ですので、早ければ有利という訳ではないので期限だけ忘れずに申し込みして下さい。

 

f:id:tomo-tk-mk:20190510002526j:plain

申込みの手順になります

 

申し込みの手順を説明していきます。

 

まずはチケット購入するには「TOKYO 2020 ID」のへの登録が必要となりますのでまだの方は登録しておきましょう。

https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/id/

↑公式サイトです。

 

登録がおわりましたら公式サイトにあるチケット購入をクリックします。

 

次に日程、競技を選び金額が表示されます。

 

チケットの値段、席種、セッション(枚数)を選んでいきます。

 

開会式のA席はなんと30万です。

 

高価ですけど人生で一度は生で開会式見てみたいですよね!!

 

ちなみに開会式の価格はこんな感じです。

 

  • A席 300,000円
  • B席 242,000円
  • C席 107,000円
  • D席  45,000円
  • E席  12,000円

 

E席でも私は是非行ってみたいです。

 

申し込み時に注意してもらいたいのが

 

「カスケードサービスと第2希望選択サービス」

 

というサービスがあります。

 

カスケードサービス

簡単に説明しますと希望した座種に「落選」した場合に、一つ下の席種の販売定数に達していなかった場合は抽選対象とすることができます。

 

第2希望選択サービス

抽選申し込み時に第2希望選択をしていれば第1希望に落選した場合でも第2希望のチケットがゲットできるかもしれないサービスです。

 

f:id:tomo-tk-mk:20190510005133j:plain

カスケードサービス

f:id:tomo-tk-mk:20190510005200j:plain

第2希望選択サービス

 

※申込み期間内であれば追加や変更など可能となっております。 

 

 チケットの申し込み枚数には限度がありますので注意が必要です。

 

※一つのIDで最大30枚までとなっております。

 

出来るだけ多く申し込みをして当選確率を上げましょう。

 

※ 当選して喜んで支払いを忘れてはすべてが水の泡となりますので、当選した方はすぐにお支払いをお勧めします。

※チケットのお支払期限までにお手続きが無かった場合は、無効になります。

 

支払いはVISAクレジット決済と現金決済があります。

 

現金決済の場合は432円の手数料がかかりますので注意してください。

 

  • 落選してしまった、、、

もうオリンピック見に行けない。と愕然とするのはまだ早いです。

 

落選した場合でもチャンスはまだあります。

 

秋頃に先着順の販売がありますのでそこでゲットしましょう。

 

以外にも予定が変わっていけなくなった方やキャンセルが必ずあるので最後まで希望を捨てずにいきましょう。

 

東京オリンピックとなると去年の100周年甲子園大会とは比べ物にならないくらい競争率は高そうですが。。汗

 

当選率を上げる一つの手としては家族や友人に協力してもらうことがいいかも知れませんね。

 

では皆さん良い結果を期待して東京オリンピックでお会いしましょう。