それでも仲間がいる

元リサイクルショップ店長が教える高く売れる物やコツを紹介&アトピー性皮膚炎について

食事を変更することでアトピー性皮膚炎が完治する!?

 こんにちは。ともです。

平成が終わり新元号の令和が始まりました。


まだ全然実感がないです。笑

 

前回の記事はアトピーが酷くなった経緯をざっと書きましたが今回から実際に私が取り組んできた方法を書いていきます。

 

はい!今回は

 

    • 食事を変更することでアトピー性皮膚炎が完治する!?

    • アトピーが酷く困っていませんか?何をしたらいいかわからず困っていませんか?私も同じような悩みをもっておりました。

    • 食生活の見直し

    • 見直してから、何を食べたらいいの?何を食べると良くないの?

    •  昔ながらの食事

    • 添加物、脂物、白砂糖は控えよう

    • 水を飲もう

    • ニキビ対策にもなる

    • まとめ

 

 上記の内容を書いていきます。

 

アトピーが酷い、原因はなに?

良くなりたい、でも何をしたら?

と悩まれている方は多いと思います。

 

私もその1人でした。

 

特別なことをしてこれ以上悪化したらどうしよう。

 

だったらこのままステロイドを使い続けた方が…など悩んでました。

 

しかし、このまま何もせず苦しむよりとりあえず改善している人の体験談などを参考にしてみようと思いました。

 

アトピーの症状は一人一人違って、その人にはいいけどこの人にはダメということがたくさんあります。

 

その中でも共通していい事は食生活が大切だと知り、食生活を見直してみようと取り組みました。

 

食事を変更することでアトピー性皮膚炎が完治する!?

 

f:id:tomo-tk-mk:20190526163058p:plain

 

 

規則正しい生活をしていなかった私は好きな時間に食べたいものを食べており、食べ放題やおかわり自由なとこが好きでよく行ってました。

 

お酒も好きでほぼ毎日飲んでおりました。

 

上記の事をまず辞めることを決意しました。(お酒を辞めるのはキツかった)

 

満腹はアトピーだけでなく健康にもあまり良くないので、食べすぎない事も心がけました。

 

腹八分目

これ大事です。

 

一日三食と言われてますが、そんなに食べなくてもいいです。

 

普段から良く食べる方はキツイかもしれませんが、これも慣れてくると一日一食でも二食でも慣れてきます。

 

キツイという方は良く噛むことを意識して一口30回は噛むようにしてみて下さい。ゆっくり食べることで食欲のコントロールが出来るようになります。

 

実際に何を食べたらいいのか?何が体に悪いのか?

 

昔はアレルギーやアトピーなどはありませんでした。

ではなぜアトピーが増え続けているのか?

 

ということを考えてみると、昔の人が食べている食材は主に手を加えていない自然の物。

 

現代多く食べられているもののほとんどは加工食品、添加物が含まれてるものです。

 

それをふまえて下記のように書き出してみました。

 

何を食べたらいいの?何を食べると良くないの?

 

食べていいもの 

 

  • 玄米
  • 発酵食品(納豆、漬け物など)
  • 梅干し
  • 菜食
  • 無農薬野菜
  • 豆腐

 

控える物

 

  • 添加物
  • 加工食品(カップ麺、レトルト品など)
  • ファーストフード
  • 脂物(揚げ物類)
  • 肉全般
  • お菓子
  • 白砂糖

 

こんな感じです。(私の場合)

 

調味料などは自然食品のお店で扱われている物を買って使っておりました。

 

この食生活を徹底して取り組んでしました。

 

社会人などで、どうしても上司やお客様と外食をする事になった場合などは蕎麦や魚定食を食べるようにしていました。

 

そして飲み物は水を1日2リットルを目安に飲んでおりました。(水道水はやめて下さい)

 

良いものを入れて、体内の悪い毒素を出していく感じです。

 

私は断食も挟みながら行っていました。

 

これだけでも全然変わってくると思います。

 

ニキビでお悩みの方も食生活を変更することによって個人差はありますが良くなると思います。

 

まとめ

  • 昔ながらの食事を心がけて、体に良くないと言われる加工食品、油物を控える(美味しい物を我慢する)
  • 体内に溜まっている毒素を出してあげよう
  • 断食をして体内をリセットしてあげる
  • お酒を辞める

 

 

補足

  • 私の場合は徹底的にやりましたが、いきなり全部を変えて、食べたいものを我慢したりするとそれ自体がストレスになり悪化に繋がる場合もありますので、自分に合ったペースでやってください。

 

次回日用品について書いていこうと思います。

 

それでは。